赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

ここは告知欄

RoyaleにおけるThorn

f:id:orzlabo:20190112014156j:plain

吸って吸って吸いまくるMelee、愛すべきトゲちゃんのページです

性能面

最大級のヘルスを持ち、拘束とヘルス吸収に特化したMelee。対面から遠くを攻撃できる技を3つ(RMB、E、Q)を保つため、これらの豊富な牽制技で引っ掛け、徐々にライフ差をつけながら追い詰めていく戦い方が得意。
体力を吸収する技が豊富。デフォでもLMB(3段目のみ)、RMB、Eの3つ。レジェ想定ならばRやQでもThorn状態をばらまくことができ、敵のライフをもりもり削ることができる。
終盤の牽制合戦においてはかなりの強さを誇り、何か掠るだけで吸収できるので相当有利になる。その分ヘイトを集めやすいため、ステルスポーションやRで捌く用意もしておこう。

欠点は、吸いによるDoTがダメージの主体であり、なかなかバーストしないこと。ウルトもDoTなので、相手が回復手段やリーパーを持っている場合なかなか最大ヘルスを減らせず、グダる場合多し。
壁が超えれず、壁の向こうを攻撃する技も一つしかないため、地形によっては翻弄されてしまうことも多い。一応、ウルトで壁は超えられる。

  • 利点
    • 最大級の体力と吸いによる粘り強さ
    • 豊富な拘束技による追撃力
    • 牽制力の高さ
      • 一発掠るだけで相手の体力をジワジワ削り、その分回復できる
  • 欠点
    • ウルト含めDoT主体のためバーストしづらい
      • ウルトの爆発力がないので大逆転しづらい
      • 回復力のある相手にはグダる
    • 壁が超えれず壁への対応力も低い
    • 範囲攻撃が実質Qしかない
    • 足回りの貧弱さ
      • 追撃スキルを外すと追えない

アビ

Root Claw(LMB)

威力が高い代わりに速度の遅いペチペチ殴り。3発目の攻撃がGrip攻撃になる、という変わった特性がある。
Grip攻撃は当たり判定が細くなる代わりにリーチが劇的に伸び、当たった相手を手元に引き寄せさらにヘルスを回復するという脅威の性能。
逃げるレンジドに対する強力なプレッシャーになるため、密着時はこれを外さないようにしたい。

Thorn(RMB

棘を2発発射し、命中するとダメージを与え、さらにThorn状態を付与する。
Thorn状態の相手は、じわじわとヘルスが減少し、その分こちらに回復される。
爆発力こそないがダメージレースで考えると非常に優秀な技。これを引っ掛けてから殴るのが一番手っ取り早い。終盤はこれを投げてるだけでも相当やかましい。

バロウ(Space)

地面に潜り、高速で自由に動いた後指定地点に出現する。どう考えても壁は越えれそうなのに越えれない。
出現時に周囲にダメージを与え、スタンのような中断効果を与える。 緊急回避技かつ動きがモロバレなので乱発は避けたい。潜っている間は完全無敵なので、持続するようなウルトにも対応できる点はマル。
レジェの場合は透明になるのでかなり立ち回りやすくなるが、Thornのレジェはどれも強力なので比較的優先度は低いか。

クラッチ(Q)

指定地点に爪を生やし、触った相手を引っ張る。壁の向こうへの唯一の攻撃手段であり、唯一の範囲攻撃(カウンター対象外)である重要な技。
かなり範囲が狭いため、歩いている相手に狙って当てるのはキビシイ。移動経路を読んで置く使い方をしたり、壁を越えてポーションやウルトなどで止まっている相手への牽制手段としての使い方が主。
引っ張ってる最中に壁に当たると、そこで相手が止まり、代わりにインキャパを付与する。

レジェの場合、命中時にリキャストで回転切りのような攻撃を出すことができ、命中した敵にThorns状態を付与する。周囲に攻撃するためQに当たっていない敵も根こそぎトゲまみれにすることができ、ヘルスがもりもり回復する。Q本体はカウンター対象外だがリキャストの回転切りはカウンター対象なので注意。

Roots(E)

地面を這う弾を発射し、命中した敵にダメージを与えEntangle状態にする。敵は動けなくなり、シールドで守られる代わりにDoTダメージを受け、その分吸収する。
貴重な中断技であり、Thron状態とは別なので重複して与えることができ、とっても便利かつ強力。しかし拘束すると同時にシールドが張られるため、そのままでは追撃しづらい。
以下に主なコンボを記載しておく。

  • E -> Root Claw3段目
    • 一発目を空振り、2発目と3発目を入れることで吸う。アビがない序盤の選択肢
  • E -> Q -> (Qリキャスト)
    • 拘束済みの相手をそのまま引っ張る。離れている相手に特に有効
  • E -> Q -> RMB二発
    • 密着と同時にRMBが終わった状態なのでかなりつよつよだが、飛ばれた際の択が全て使用済みになるので状況を見て
  • E -> RMB2発 -> (Q)
    • 安定択。2発当てることで、Entangleの吸い、Thorn2発分の吸いが同時にかかり、モリモリ吸える
    • Qは確定しない

Husk(R)

トゲシールドを身にまとい、動けなくなる。相手に攻撃されると、周囲に反撃のトゲ攻撃をばらまく。
反撃の範囲が結構広く、終盤戦ではほかの相手にもまとめて攻撃可能な非常に便利な技。カウンター対象外の攻撃でも、多めのシールドがヘルスを守ってくれる。
きわめて重要な特徴として、起動中は状態異常が無効になり、さらに起動時に状態異常を解除する。
スタン、インキャパ、パニックを防ぎ、たとえ毒やChillを食らっても起動するだけで無効化する、大変強力なアビである。

レジェの場合、さらに、反撃が当たった相手にThorn状態を付与する。もちろん周囲に敵がいれば根こそぎトゲまみれである。入手を優先したい。

ウルト(F)

トゲを纏いながら突進し、通過した地点にダメージを与えるトゲを生やす。トゲは飛び道具をかき消す効果があり、スネアと強力なDoTを与える。
突進にも多少のダメージがあるが、本命はDoT。その性質上、なかなか全弾ヒットはしづらいが、Grip攻撃やQで引っ張れば多少は当てやすいか。
劇的な爆発力がなく、対応しやすい部類のため、あまり性能はよくないが、狭所や最終盤など、逃げる場所がない場合劇的な効果を発揮する。

また、突進中は壁を越えれるので、一回こっきりだが移動アビとしても使える。

ここはフッター