赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

ここは告知欄

RoyaleにおけるSirius

f:id:orzlabo:20181121005904j:plain

ハゲのページです。

性能

原作ではMeleeサポ。今作ではサポート能力のほぼ全てを攻撃力に振ったブンブン系Meleeチャンピオンとなっている。
高い爆発力とEQSpaceにRMBを駆使した立ち回り力が特徴で、ハンパにサポしてたアリーナとは打って変わって生き生きと殴ってくる。
トレードマークだったカジュアル脳死石化を取り上げられた分サポート能力はかなり低下しており、Duoよりはソロ向けの調整感が強い。
技は使いやすいものがそろっているものの、LMBとQとEが戦略の要なのでこれらをミスると厳しい。

  • 良い点
    • 爆発力と機動性に優れる
      • チャージ鎌とEを当てた後、適当にこなしながらQやSpaceで間合いを調節できる
      • 壁抜けも搭載
    • 回復力はまあまあ高い
      • 移動しながら回復できるSpaceは追いにも逃げにも大変有用
      • そこそこクールダウンが短く、バフあれば40以上の範囲回復ができるR
      • Rで回復してるだけでゲージ溜まる
  • 悪い点
    • Meleeのくせにヘルスが低く素の耐久力がない
    • 相手の攻撃を中断する技が一切ない
      • ウルト溜まってる相手に対してSpace使えないので困る
    • チャージとEを振った後、張り付いて殴ってる間はDPS高くない
    • 回復のスキは大きく殴ってる最中は使えない
    • Qを外すと途端にプレッシャーがなくなる
    • ハゲてるしほとんどの服で上半身裸

感想周り

Ulricとは正反対に、爆発力や足回りは良好だが、耐久力がない。自衛手段が実質Qしかなく、相手の行動を中断する術もないため、いかにそれを捌くかが勝利の鍵となる。
張り付いている間のダメージは悪くはないがそこまで高くもないため、Meleeに対しては一撃離脱の戦法を取ると良い。

チャージ鎌 -> E突進 -> なんか適当にペチペチ -> Qで離脱 or Spaceで追う

みたいな流れが理想。実際にはEが先になることも多いが。RMB以外に遠距離でやることがないため、Eの範囲内に常に敵を捉えておきながらフラフラと追うのが良いだろう。
自己回復があるのでタレット防衛戦やペチペチ牽制合戦といった終盤戦への対応力はあり、序盤も足回りや火力面はかねがね良好なのでオールラウンダー感はある。が、いかんせん防御力がなく、一気に削られると立て直せなくなってやられてしまう。
Qを一回外すと耐久面でも火力面でもめちゃくちゃ厳しいのでフェイントには要注意。

アビ周り

鎌(LMB)

鎌でペチペチなぐる。チャージ完了時はかなり長いレンジを誇り、当てた相手の火力を下げるデバフを付与。
デバフさえかかっていれば張り付いてもダメージ負けすることはない。ひとまずこれを刺してから始める。これが上手く刺さらなかったら無理にEで追わず、Qで仕切りなおした方が良い場面も多し。

鎌投げ(RMB

鎌を投げる。モーションがシャドボルなみに長いが、Bakkoのチャージ斧並みの威力を誇る貴重な火力源。
スネアもつくが兎に角モーションが長く、追う時に積極的に使う技ではないかもしれない。
レジェでは一転、ブーメランとなり、壁に反射したり戻って来る際にもう一度当たるようになったりする。すごい。
相手に2回当たればシャドボル並の超威力となるので、カウンターが見えた時などに置く感じで振るのもいいだろう。

スプリット(Space)

壁を抜けつつ移動し、着地点で周囲の味方と自分を回復し、周囲の敵にダメージ。
回復しつつ移動できるとっても便利な技。追いにも逃げにも大変有用。
忘れられがちだが、着地点の敵にダメージを与えるという重要な特徴もある。追う際は当てれるとなおよし。
移動先が壁や岩の中で移動できない場合、開始地点に戻って来るという特徴がある。メリットにもデメリットにもなりうるが暴発は注意したい。

サンライズ(Q)

ハゲをハゲたらしめる輝くカウンター。全身無敵となり、成立すると武器をリチャージし、任意の位置にテレポートできる。
武器をリチャージしつつ任意の位置に出現できるためとても強力。追ってもいいし、マウスを目いっぱい画面外に伸ばせば逃げにも使える。
迂闊に飛んできた相手にはチャージ済みの鎌が刺さるという寸法である。
その性質上、チャージ鎌を使った後に発動するのが最もおいしい。チャージがあるときは果敢に攻めるべし。レジェだとバフついて本体性能が上がったり回復したりと最強。

f:id:orzlabo:20181121222729p:plain

Q成立バフ込チャージ鎌で余裕の30越え。ツヨイ。

出現直後にフルパワーで殴れるため、相手のカウンターや移動スキルを強く誘発する。時には見守るのも大事。
これを外すと割と逆転されるため、Spaceがない状態でからぶるのは避けたい。

プリズマ(E)

前方に僅かにダッシュして範囲攻撃し、スネアを与える。ダメージがそこそこあり、追ったり戦いを始めたりするのに最適。
リーチも長く、一瞬で終わるためコンボの要。LMBと一緒に叩き込めば一瞬で大ダメージが奪える。
中断技がなくMeleeに張り付きづらいハゲにとって、間合いを取りつつ急襲できる大事な技。エイムがずれると割とからぶるのできちんと狙うべし。 範囲攻撃なのでオーブと一緒に被った敵を叩き割ることもできる。

サンライト(R)

世紀末と化したRoyaleの世界においては大変珍しい、HP回復のみを行う技。若干の詠唱時間の後、範囲内の自分を含めた味方を回復する。
回復力は結構高く、ポーションの節約に一役買う。詠唱時間がちょっと長いため張り付いて戦っている間はあまり意味がない。
クールダウンが短いのでけん制合戦ではちょっと下がって使えば優位に立てる。
回復さえしていればゲージが溜まるのも重要な特徴。殴らなくてもビームが撃てるぞ。

ウルト(F)

ハゲビーム。アストラルビームというカッコイイ名前がある。
狙った方向にビームを放ち続け、相手に75ダメージ、自分に50回復を与える。振り向き速度に限界があり、密着した相手は歩いて簡単に回り込めるため、中距離以遠の敵を狙いたい。
表記上のダメージはすさまじいが、ずっと当て続けるのは困難で、持続時間も2.5秒とそれなりにあるため、スタンも相手のウルトも食らい放題となる点に注意。
割と止められるため過信は禁物だが、相手に当てなくても回復は発動するため、とりあえず自分を回復しつつ相手に移動技を使わせる、だけでもそれなりに有用。

ここはフッター