赤いセガ信者のぶろぐ

長文でゲームのレビューを書くことが多いです。qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。

ここは告知欄

オメガストライカーズ 簡易レビューと序盤向け知識集

ゴールが入ったときの演出がカッコいい

9/17にリリースされた、MOBA風スタイリッシュホッケーゲーム、Omega Strikers(オメガストライカーズ)の簡単な知識を纏めるページです。チュートリアルにない初心者向け知識を一緒に勉強していきましょう。

ちなみにLOLの元スタッフ達が作ったらしいです。ストアページはコチラ。

store.steampowered.com

動画

youtu.be

敵に粘着しながら殴ってたら味方が入れてくれて勝ちました。

もくじ

概要

3vs3の見降ろし視点で、コアと呼ばれるボールを相手のゴールにシュゥゥゥゥゥッッ!! 超!! エキサイティング!! するゲームである。

コアを殴って前に進める。ついでに敵も殴って蹴り落とす

基本的にはホッケーなのだが、相手を殴ってリングアウトさせるMOBA的要素も内包しており、見なければいけないものが多い。
まあ、もう動画見たほうが早いと思うので公式のトレーラーを見るなりしてくれ。というか基本無料で動作が爆速なのでとりあえずやろう!
一試合が長くてもだいたい5~6分で終わるのがとてもよい。サクサク回せる。

まず何を知れば?

エイム

  • 大まかに狙った方向に向かってコアを蹴れるようになる
  • 大まかに狙った方向へアビを発動できるようになる

方向感覚は重要です。通常攻撃でコアが飛ぶ方向はエイム依存なので注意です。蹴った際にマウスポインタの方向へ向かって飛ばします。

どうやって相手を抜く(コアを相手より後ろへ飛ばす)か

  • エイムで上下に振って通す
  • 通常攻撃を少し遅らせ相手の通常攻撃の直後に撃つ
    • 通常攻撃もクールダウンがあるので重ねられると蹴り返せない
  • 中ヒット以上のアビを相手ごと当てて無理やり通す
    • ノックバック中はスタン状態になりアビや通常攻撃の発動が出来ない
    • 既に発動しようとしていたアビもキャンセルされる
  • 相手のダメージを蓄積させて割って飛ばす
    • ノックバック距離が延びる -> その分スタン時間も増える
    • 飛ばして落とせば邪魔者は静かになる

どのキャラを使えば??

初期キャラのジュリエットはMelee特化のDPSキャラであり、ホッケーしつつド密着から荒らして相手をボコボコにすることも求められ、やや忙しく初心者向けではないかもしれません。
下の方に執筆時点での全キャラ雑感を置いてありますが、最初は以下のキャラで操作を覚えるといいかもしれません。

  • カイ:弾幕を撒きながらホッケーするわかりやすい性質。初期キャラ
  • エステル:ブリンク持ちで遠距離から戦線に介入しやすく、オールレンジ無難に使える。初期キャラ
  • ジュノー:ぷよぷよ召喚で事故を誘発。射撃をキーパーに重ねることだけできればいい

この3キャラはアビリティの使いどころがわかりやすく、遠距離アビでフォワードとキーパー何れも無難にこなせる使いやすい者共です。キーパー用にもう一キャラ覚えなくていいので初心者にはうれしいかもしれません。

キーパーについて

クリアリングの基本

エイムして相手のいないところを狙うのが基本です。GKの場合困ったら垂直に飛ばすといいです。アリーナの角は丸いのでそのままクリアできます。
マウスで咄嗟に真上に飛ばすのムズイのでこれはコントローラーの方がやりやすそうです。

相手FWのいない方へ垂直に飛ばす

真正面に返して敵と撃ち返し合戦するのはピンポンと呼ばれ、避けるべき状況です。通常攻撃のはじき方向はエイム依存、これを常に思い出してください。

キーパームズイ

マッチングでキーパー拒否れます。(ポジションでフレックスではなくフォワードを選ぶ)
キーパーはキャラごとの適性が激しく、普段は何も言わないくせにミスが即失点につながりスタンプ連打される(多分に偏見を含むが)悲しきヘイトモンスターであり、初心者にはあまりお勧めできません。
それでも練習しないと上手くなりませんから、敵が近いときはアビを吐いて敵ごと返す、を意識してやってみましょう。可能なら通常攻撃で返す余裕を持つために、射撃スキルなどで遠くのうちにはじいてください。

参考:キーパー適正が高いと思われるキャラ

  • ドゥブ(初期キャラ)
    • 最初はキーパー専で使ってみよう
    • 稀に仕上がった修羅がFWでライン上げてくるので怖い
  • カイ(初期キャラ)
  • アトラス
  • アシュル

面制圧力が高い(広範囲を殴れる)キャラはキーパーとして使えます。また、遠距離からコア(と敵)を殴れるキャラは一定の適性があります。
ジュリエットやXなど、近距離殺戮マシーンは殴ってない時間が勿体ないのと、敵が寄ってくるまで何も対処が出来ない点がキーパーとしてツラいです。

エステルもキーパー運用できそうだが、前で殴ったほうがより強そうではある

ゴールアーク補正

自陣のゴールアーク(ゴール手前の色付きエリア)では

  • 攻撃力とノックバック力アップ
  • 状態異常耐性、ノックバック耐性増加
  • 通常攻撃のクールダウン減少

といった補正がかかる。なんか回復も早くなっている気がする。通常攻撃は多分3割近くクールダウンが減っており、お願い連打が可能になっている。出入りしながら通常攻撃連打して違いを比べてみよう。

攻撃や防御、アビリティについて

通常攻撃

通常攻撃(左クリック)には敵への攻撃性能がありません。コアを蹴っ飛ばすだけです。なのでアビのクールダウンが終わってない場合は殴れません。ホッケー、しよう!

また、通常攻撃にも0.7秒ほどクールダウンがあり、連続で蹴れないタイミングがあります。ここに自分の攻撃を重ねることで相手を抜き、ひいてはゴールへとつながります。

  • キーパー蹴り -> 自分直ちに蹴り返し
  • 自分蹴り -> キーパー蹴り返し -> 自分直ちにアビで追撃

といったシチュは混戦でよく見られるワビサビ、戦いの基本と言えるでしょう。

ヒットについて

  • 軽ヒット:減速を与える
  • 中ヒット:ノックバックを与える
  • 大ヒット:ノックバックと減速を与える

という風にヒット時の性質がキーワード分けされています。あまり気にしなくていいです。体が覚えます。
同じ重ヒットでもコアを飛ばすスピードが微妙に違ったり、トレーニングで誤差出たりするのでアレです。

ノックバックについて

ノックバックは少し重要ないくつかの仕様があります。

  • 食らった相手は一定の方向へ吹っ飛ぶ
  • 吹っ飛んでいる間はスタン状態となる
    • スタン状態になってからおよそ0.5秒間無敵
    • スタンは発動しきっていないアビリティを中断させる
  • ノックバック状態でアリーナの端に触れると死ぬ

既に発動したアビ(ジュリエットのパンチとか)は多分止まらないです。アビに発生保証が無いのは覚えておきましょう。

戦略について(個人の考えです)

敵とコアどっちを殴れば??

理想は両方同時に殴る事です。ラインも押せるし相手も削れるし一石二鳥です。中ヒットや大ヒットならノックバックが付くので相手の蹴り返しを難しくします。
近くにコアがあればアビを吐いてラインを押しつつ相手にも当てられるとベネ。この時、通常攻撃 -> アビと吐くことで

こちらの攻撃がコアにヒット -> 相手の蹴り返しがヒット -> こちらのアビがヒットして蹴り返し -> 相手は通常攻撃がクールダウン中で蹴り返せない

となり、相手がアビを吐いていない限りは概ね突破できます。

戦闘狂の皆様へ

相手にダメージを蓄積させるのは重要です。何故なら相手は蓄積させてくるからです。こちらもやらないと一方的に不利ですね。
ダメージが溜まれば相手は(特にゴール周辺や端っこでの)積極的な立ち回りを躊躇します。効率は良くないですがキーパーに粘着するのもある程度効果があります。特に既に一人落として3vs2になっているときはキーパー役へ粘着しましょう。粘着を嫌ったキーパーがアビを吐いていればこっちは通常攻撃で決めれる可能性もあります。シュートチャンスも作れますし、味方が点を入れてくれることもあります。

キーパーを端に追いやれば味方が決めてくれることも

キーパーに張り付いて殴る作戦について

自陣ゴールアーク内ではのタイマン性能が上がります。従ってそこに敵フォワードが攻め入った場合

  • そもそもタイマン性能でキーパーに自衛され、落とすのに時間がかかる
  • 味方の負担が増える(あなたがキーパーと遊んでいるから)
  • 敵がキーパーのフォローに入ると補正かかった二人にボコられ即死もある

といった感じになるので最初はオススメしません。アビで一瞬のスキをついて即死させるとか、ラインが上がったタイミングで少しずつ蓄積させるのがオススメです。

レベルとレベル差について

レベルアップによって火力、耐久、移動スピード、アビの回転率が上がります。コアを飛ばすスピードもあがるので終盤はゲームそのものが加速します。
ちょっとくらい差がついても、ようはホッケーすればいいので逆転不可能というわけではありません。
レベル差は、殴って敵を落とす戦略を取る際に非常に重要になります。タイマン性能はレベル差が如実に表れるのと、殴ってる側が落とせないと全然レベル上がらない仕組みになっています。たまに、周りが8~9くらいなのに5レべをさまよってるXがいますがこれは殴り戦略を上手く躱されてしまった結果と言えるでしょう。レベル差が付くと多少ラリアットされてもそんなに気にならなくなります。アビ吐いてノックバックさせましょう。

倒されまくるとレベル差が生まれ、暫く好き勝手されます

逆に殴る側がスノーボール(雪だるま式にレベルアップ)してしまった場合、1~2発で割られてそのまま観客席まで吹っ飛ばされるほど戦力差が付き、一人では止められなくなります。何ならレベル差があればキーパーが即殺されます。

チーム内にレベルが低いキャラがいる場合、コアに触ってない、オーブも取ってないということになりますので要警戒です。野良だと大体そのままGGなので、気を取り直してネクストゲームしたほうがメンタルに良いでしょう。

フォワードの立ち位置

基本的にフォワードは味方キーパーの近くにいてはいけません。これは重要です。
フォワードがゴール近くでウネウネしてるということはもう片方で3人相手にしてるという事になります。フツーにガン不利です。前に出ましょう。
キーパーがボコられてるとか、相手のフォワードが二人とも自陣に入ってるみたいな状況では戻って助けてあげてもいいです。とはいえ自陣ゴールアーク内は補正がかかってキーパー有利なので、ドゥブが殴られてるぐらいだったら放っておいてもいいです。フィールドにフォワードが二人いるこっちが有利なのでボールキープに集中してください。

キーパー側の事情として、敵と味方がもみくちゃになってウネウネしてるとコアがいつ飛んでくるかまるでわかんねーのでとっても危険で邪魔です。状況を打破するにはフォワードがアビを吐いて敵ごとコアをクリアするのが手っ取り早いです。間違っても通常攻撃で打破しようと密集しないでください。

オーブの奪い合い

ラウンド中に登場するアイテム。できる限り取ってください。湧き場所が予告されるので、接戦ならそこをキープするまであります。なぜこんなに優先度が高いかというと取らないと相手が取って差が開くからですね。
オーブの取得によって以下の恩恵が得られます。

  • ふらつき値(体力)が割合回復する
    • 割れた状態ならふらつき値が回復 -> 割れ状態の解除が早まる
  • 経験値が得られる
  • 数秒間マップ固有のバフが得られる

オーブ固有ボーナスと別にマップごとに決まったバフがあります。マッチング画面で表示されています。火力が40%上がったり猛加速したりと、数秒ですが有利に戦えるでしょう。
特に相手を落とすことで優位に立ちたいバーサーカーの皆様におかれましては、相手の回復手段を奪う意味も込めて自分で拾いましょう。回復されるとウザいです。

オーブを取りに行く奴を落とす戦略もあるが、基本は自分で取りたい

ボコられて死んじゃう

ジュリエット、X、アシュル、ドレッカルあたりは火力が単純に高く、相手を削って優位に立つ戦略が取れます。
特にXやジュリエットは露骨に張り付いてきて容赦なくボコってきますので何も考えないとアリーナの真ん中からでも吹っ飛ばされて死にます。
主な対策としては

  • ブリンクなどの移動技で拒否してホッケーする
  • スタンやノックバックで向こうの技を空振りさせつつ殴り返す

といったことが考えられます。どうしてもしつこい場合は自陣のゴールアーク(ゴール前の色付きエリア)に入って迎え撃つ手もあります。
自陣のゴールアーク内では攻撃力やスタン耐性、スキルのクールダウン時間などにバフがかかり有利になります。それでもキャラによっては厳しそうですが。。。
味方がボコられてたら相手に攻撃を当てて助けてあげるのもアリです。

なんか即死する

気絶してなくてもノックバックでアリーナ端に触れたら死にます。なので迂闊に端のコアを拾いに行くと氷とか弾とかジュリエットの蹴りとかが飛んできてサクッと死ぬこともあります。
これはゴールについても同じで、キーパーでゴールラインにいると狙撃されて落とされることが多いです。

相手を落としたのに勝てない。。。

ホッケーだからね。点を入れようね。

フォワードの一番の仕事はシュートです。単純な計算ですが、相手よりシュート回数が少なければそれだけ得点チャンスも少ないです。 乙ってもゴールさえ割られなければセーフの神ゲーと捉えることもできるので落ちた側は耐え忍びましょう。

マッチング回り

ランクマにおける禁止設定

ランクマで禁止したいキャラを一人だけ選べます。ただし味方も使えなくなります。
マッチング時に敵と味方から一人ずつ選ばれその人の設定が適用されるシステムなので自分の希望が必ず通るわけではありません。設定なしでもオッケーです。
「どうしてもこいつは苦手や。。。」というキャラがいるなら、味方も使えなくなりますが設定して勝率を上げましょう。

一見便利ですがこのシステムによって自分の持ちキャラが封じられることもままあります。
ワーストケースとして最大で2キャラ封じられ、味方に2キャラピックされると5thキャラでランクマする羽目になります。泣いていい。

誰を禁止設定すればいいかな

嫌いな相手がいなかったらジュリエットかな。。。ジュリエットしか知らない初心者を潰せますし、ジュリエットがスノーボールしだすと誰も止められないので自衛に自信が無ければ。

レーニングについて

いわゆるビルドです。全キャラ共通でトレーニングと呼ばれるアップグレードを3つ装備することで自分の好みに近いキャラで戦うことが出来ます。しかし、キャラごとに装備できるトレーニングに制約があります。

ジュリエットの場合はブローラー、スピードスター、プリズム

例えば初期キャラのジュリエットの場合、トレーニングスタイルとしてブローラー、スピードスター、プリズム(何でも入る枠)を持っています。
なので二つはある程度ジャンルが縛られ、残り一個が完全フリー枠になります。全キャラ必ずフリー枠を1つ持つようです。

誰でもゴリラになれるコントローラートレーニン

フリー枠には何でも刺さりますが、対応アビリティがないトレーニングは刺せません。
例えばジュリエットのフリー枠には当然スナイパートレーニングも刺せますが、射出体を持たないので射出体しか強化しないものは刺せません。

対応しないトレーニングはそもそも刺せない

各トレーニングの感想など

スナイパー

弾のクールダウンや射程に関するものが多い。スティンガーを刺しておくと割合持続ダメが入るので長期戦でプレッシャーになる。

スピードスター

移動アビ強化や加速など、前衛に必要なトレーニングがまとめられている。
完全体トレーニングが個人的に好き。重ヒットが出やすいXと相性がいい気がする。キーパーは比較的落ちにくいので、何かヒットさせるたびに加速バフが溜まっていくが死んだ瞬間に全て失うスタック・オン・スタックも相性は悪くない。

ヒットの強さに応じて他のアビのクールダウンを減らしていく神トレ

コントローラー

自身の耐久や設置物のサイズ拡大など、面の制圧を重視したトレーニング。
キーパーでもうれしいが、設置物は前においても強い。
耐久アップ系は誰でも恩恵があるが、相手によっては必要ない(削りがそこまで強くない)ことも。

ブローラー

力こそパワー。火力やノックバックが増える、誰でもわかりやすい効果。
キーパーは攻撃機会があまり多くないので恩恵はあまり受けられないかも。
このゲームはスタイリッシュホッケーなので時には攻撃力を最大まで高めて前に殴りに行くのも一興。もちろんコアを殴るんですよね?

プライムタイムは序盤何の恩恵もないが、レベル10になるとメインアビが1発余分に溜めておけるようになる強力なトレーニング。ランクマではグダって接戦となり全員が10レべで殴り合う事も多々あり、その際には脅威の爆発力を(主にノックアウトに)発揮できるだろう。

Gain an extra charge at max levelがガバ翻訳されている

スペシャリスト

バフやデバフの延長や、移動アビにブリンク効果を追加するなど、殴りに間接的に関わる部分が強化されることが多い。
特殊アビ(必殺枠)は大体のキャラで10~20秒以上のクールダウンがあるため、困ったら何も考えず最後の一枠にエクストラスペシャルを刺してもいい気がする。

射出ボタンが強く、アビで前衛にちょっかいを出せるルナ、カイ、エステルあたりをキーパー運用する際に有用。特にルナは一瞬で端から端までぶっ飛んで荒らすことが出来るので相性は抜群。ペナルティ自体は無に等しいが再発動が終わってからクールダウンが始まるので思ったより移動アビの連発はできなくなる点は覚えておこう。

前に出て荒らした後にゴールに戻れるキーパー垂涎のトレーニン

キャラ

キャラゲーム内マネーで解放できますが、結構高いので実質課金しないとキツそうです。
一試合の報酬が普通だと300とか450とかなのですが、キャラが1マンなので20数回で1キャラ。意外と安い気もしますがレーニングも買わないと揃わないのでお金がないうちは購入は慎重に。

ジュリエット

主人公っぽい女の子。このゲームをスマブラか何かと勘違いしており近接攻撃特化のアブねー女である。
高性能な移動兼キメ技ダッシュキックを持つ。敵を貫通できるのでタイミングが合えば敵諸共コアをゴールに叩き込むこともある。(PVでも出てくる)
射程が全体的に短い物のダッシュキック中に他のアビが使える狂犬の如きバーストダメージキャラであり、不意にイニシエートされたと思ったら一瞬でドボンしてることも。HPがドゥブやXと同じ高ランクなので正面から殴り合っても普通に強い。急襲性能が高い一方でアビ3種全てが狭いながらも範囲攻撃 = 敵もコアも貫通できるということで密着時の決定力もありきちんとホッケーもできる。とんでもないルーキーがいたもんだ。
(主に前線で殴る)仕事が豊富だが、色々やれるという事であまり初心者向けではない印象。体が小さく、殴ってない時間が勿体ないのであまりキーパー運用には適さない。

カイ

遠距離特化のヤカラ。2種の射撃スキルによって遠距離戦で存在感を発揮する。
特に特殊アビのギガブラストは長射程、重ヒット、強力なノックバックと素晴らしい性能を持っており、これを適切に敵に当ててプレッシャーをかけれる。
メインアビは弾幕を貼る。弾が連発されることによって敵のはじき返しをはじき返すことが出来るため攻めにも守りにも重宝。移動しながらバラまくことが出来て、弱ヒット故にスロー効果を与え、全弾ヒット時のダメージも良い。完全体(何かにヒットするたびに他のアビのクールダウン減少)との相性も良好。

弾幕の防御力が高く、小回りが利くヘイストを持ち、後方からでも前線に一定の干渉ができるのでランクマだとゴールキーパーやってる人もちらほら。もちろんフォワードで攻めても問題ない。
全アビのクールダウンが短く、常に弾を撃ちながらホッケーできるため前後どちらでも使えて最初のキャラにもおススメ。キーパーする場合は弾幕を使って早め早めに返していくといいだろう。

ドゥブ

巨大な生物。ドゥブとは豆腐のこと。スンドゥブのドゥブである。
見るからの巨体と持続の長い2種の設置スキルを活かしたライン維持を最大の持ち味とする。
色々な場面でキーパーとして扱われることが多く、実際設置が成功すれば守りは固い。ただし失敗すると自分の弾を内側にはじき返してしまうのでタイミングは熟練を要する。設置スキルはラインを押し上げるのに使えるので別に前に出て殴ってもいい。試しにキーパーで暇なとき、真ん中あたりに設置物を出してみればびっくりするぐらいラインが押せることに気づくだろう。前に出るという事は他キャラにキーパーさせるということなので野良ではその点を留意しないと意思疎通が図れない。
移動スキルでスタン付きタックルが可能でコアもスタンさせて止める。このゲームの隠し仕様としてスタンした瞬間は攻撃を受けないというものがあり、敵や味方の攻撃がコアに当たらず事故ることも稀にある。

タックルを除くアビの発動が非常に遅く、常にスキルを置きで(つまり先読みで)出す必要がある。幸いメインアビはクールダウンが非常に短いので投機的に撒いても全く問題ない。常に先置きしていこう。

エステル

縦にもデカい氷のおねいさん。攻撃付きのブリンクを加えた3種の遠距離攻撃を持ち、カイを寄り攻撃的にした感じの人。
クールダウンが短いくせに最大級の単発ダメージと貫通力と射程をもつ貫通ショットでプレッシャーを与えつつ、ブリンクや結晶バラまきでキーパーが触ったコアを直後にはじき返して事故らせるのが理想的な動きか。コアを返したキーパーにアビを重ねてわからせるのはこのゲームの基本ムーブなのでアビ全てが遠距離攻撃可能なエステルは練習にちょうどいいかもしれない。
ブリンクや貫通ショットによってある程度接近戦を拒否れるので基本的に真ん中や前で戦えるキャラ。ブリンクはキメにも使えるので要練習。
咄嗟にブリンクでコアをはじいたりできるのでキーパー適正もなくはなさそう。貫通ショットが重ヒットなので敵諸共コアをノックバックさせる感じで刺そう。

アトラス

ヒーリング能力持ちのバリアおじさん。バリア投げと蘇生が特徴。
バリアはライン上げに重宝するが足回りが劣悪で移動が全部徒歩でありDPSも高くない。面の制圧力はかなり高いのでキーパーで使われることが多い。
ただし面制圧に使える2種のアビとも持続が良くないので反射神経が要る。
面制圧が得意という事でたまに真ん中付近でスゲーライン上げてくる人がいるのだが事故ったらリカバーできない。拒否に失敗すると大体ジュリエットやXにボコられる。
蘇生兼回復スキル持ちで、フィールド内外で味方が死んだときにフィールド内に直ちに復活させる。長期戦でダメージが蓄積した場合などにも有効。蘇生効果はアビの範囲にいなくても有効。味方がぶっ飛ばされた瞬間に反射で発動しても間に合えばオッケー。
ユニークな能力はあるもののメインの当たり判定も持続も雑魚の部類であり、その他アビのクールダウンも長く個人的な評価は高くない。

ジュノー

スライム娘。エイリアンらしい。ぷよぷよを複数召喚して戦う。
召喚されるぷよぷよは以下の性質を持つ。

  • 敵が触れると潰れてダメージを与える
    • 軽ヒットなので一瞬スロー効果あり
  • コアが射程内にあると僅かに動いてキャッチする
  • コアをキャッチし、近くに別の味方のぷよぷよがいる場合そのぷよぷよに向かってパスをする
    • 近くに味方のぷよぷよがいない場合前方にコアを発射
  • 攻撃を(空振りでもいいので)振るとぷよぷよが発射する方向を指定できる

フィールドの自軍全ての向きを一括で指定

これによる事故が事故を呼ぶキーパー泣かせの事故らせ戦略が持ち味。咄嗟に設置されると大変事故りやすい。キーパーは暇なときに踏みつけておくと良い。放っておいてもすぐに消えるがメンタル上大変よくない。
設置できるという事でキーパー適正もある方だと思うが、無敵ジャンプによる殴り拒否ぷよぷよによる事故らせが持ち味なので前で戦ったほうが生きると思われる。攻撃力は低いのでおとなしくホッケーしよう。困ったらシュートと同時にキーパーに向かってぷよを投げてみよう。

ドレッカル

トカゲギャングおじさん。ホッケーなのにショットガン持ってるけど大丈夫ですか?
一瞬透明になれるアビをもち、最大2連発可能なショットガンで瞬間火力を発揮してくる。最大級の単発ダメージとノックバックを持つので基本的に端にはいかない方がいい。密着ショットガン -> 歩いて接近 -> 密着ショットガンで簡単にピンチに陥る。ホッケーしてくれ。
かなりクールダウンは長いがデバッファーでもあり、持続ダメとスロー効果のある粘液を発射できる。これは敵に伝染する効果があり、コアにも伝染するのでかなり厄介。
一応ホッケーしない側に近いおじさんなのだがショットガン2連で急襲したあとは暫くプレッシャーがなくなってしまうので合間にホッケーしないとやや仕事量不足になりがち。透明スキルはホッケーでも使えるので、ゴール前で不意に消えてキーパーのメンタルを破壊するのもアリ。ショットガン2連をコアにブッパすればキーパーがアビ吐いてようが押し込めるときも。ホッケーとドツキ合い両方同時にはできないがどちらにも適性があるといえる。

X

喧嘩っ早い派手好きのヤカラ。完璧にこのゲームをいけいけ!熱血ホッケー部と勘違いしておりコアごと敵を殴るのが大得意のMeleeキャラ。
特に全方位攻撃のラリアットは遠間の敵に重ヒットかつ、数値上2位の単発ダメージ。これを7秒前後のクールダウンで文字通り回してくるため厄介。
ダッシュタックルと自己バフも持っており、一撃が大変に重い。一瞬で割れるので間違っても固まらない様に。コアを二人で追いかける、みたいなことをすると簡単に二人とも割られます。
なによりもULTの自己バフ中は通常攻撃が中ヒットになり敵を殴れる全身凶器であり、コアと一緒にただ殴るだけで相手にダメージが蓄積される鬼神となる。ホッケーしろ。

ダッシュタックルは敵貫通なので、やや始動が遅いが敵と一緒にコアをゴールに叩き込む性能もある。つまりそこそこホッケーもできる。出来てるよな?
少なからぬ頻度でジュリエットと組んでるチームが目撃されるがつまりそういう事であり、地獄甲子園である。

エラ

引っ込み思案な魔法使いおねえさん。バッファー&デバッファーだがかなり前衛寄りの性能。
最大の特徴は画面に長時間残って前進する魔力の渦。敵やコアにあたると連続ヒットしてそのまま押し出すこともある。発動がわかりやすいことを逆手にとって疑似的な分断にも使える。ランクマだと直当てはむずいので分断が主。
メインスキルのビームは味方に当たるとバフ、敵に当たるとデバフ+ダメージと大変取り回しが良く、とりあえず撒けば状況が良くなる。Xやジュリエットなどが敵と喧嘩してるところに打ち込めば、敵は弱くなり味方は強くなるのでGood。なにげに中ヒットなのでコアキープしてる敵にコアごと撃つだけもいやらしい。
火力や拒否力は低いのだがバフも攻撃も射程が微妙なので、中衛~前衛でホッケーせざるを得ない状況が多い。貫通ビームと魔力の渦で決定力はあるほう。

ゴール付近に魔力の渦を叩き込んでキーパーのメンタルを破壊しつつ、貫通ビームでキメにいくといいだろう。

ルナ

爆発物をアリーナに持ち込む危ない技師。申し訳ないが核の炎はNG。
端から端まで爆速で届く移動アビ端から端まで爆速で飛んでノックバックも強いミサイルを主軸に後方から(主にキーパーを)事故らせてくる厄介なチビ助である。
ULT枠の爆弾はアリーナの1/4を覆うほど、回避困難な範囲爆発と他キャラの倍近い450という圧倒的な単発ダメージを発揮する。ゴール前を爆撃することでキーパーやコアを爆風で押し込む(核の)パワープレイも発生する。
身体が小さく移動スキルも制御不能なレベルで早いのでキーパー適正は無いのだが、キーパーをやっているという体裁で後方から事故らせてくる。

移動スキル発動後に開始位置にブリンクできるレーニングがあり、それを刺して後方から奇襲してミスったら戻る鬼畜プレイが可能。

アシュル

縦にも横にもデカいおねいさん。両手に携えた盾で殴ってくる心優しきMeleeキャラ。
アビリティを発動すると短時間バリアを纏うパッシブを持ちかなりのライン上げ性能。バリアは非常に小さいが触れたコアを自動的にはじく。
相手に対してコアごとスキルを撃てばバリアが展開され、相手が反撃しても自動的にはじき返してゴリ押しできる。
移動スキルはタックルなのだが貫通せず、最初に当たった敵で止まってしまう。コアに対しては連続ヒットするので遠間からならタックルでシュート -> キーパーがはじき返し -> タックルの持続でシュート、が成立するが難しい。
2種の攻撃スキルはどちらも優秀で、特に盾設置スキルは持続時間が長めで拒否、分断、ライン上げなど多岐にわたって使えて便利。
ジュリエットとドゥブを足して割ったような性能で、前でも後ろでもそこそこ使える印象。パッシブのバリアは守りにも有効だが火力をやや持て余すのでなるべく前に出たい。

オマケ:2022/09/28、プラチナ時点の個人的Tier

フォワード

  • S+
    • ジュリエット: みんなで楽しくホッケー中に気まぐれで殴り移行できる天上人
  • S
    • エステル:真ん中からキーパーに攻撃を重ねられるので得点力がとにかく高い
    • X:マップによる。序盤に落とせないとレベル差がついてただのおじさんになる
  • A
    • カイ:小回りが利き、ダメージ蓄積やKO能力は高いが自分で歩いてキメに行くパターンも多い
    • アシュル:キーパー落としや喧嘩、バリアゴリ押しなどできることは多い
    • ルナ:気軽にゴール前に核を落とせるので敵にいるとメンタルによくない
  • B
    • ドゥブ:キーパーが別キャラでいいなら優秀なライン上げ要員。野良なら敵も味方もビビる
    • ドレッカル:瞬間火力は脅威だが落としきれずレベル差つけられてるシーンも多い
    • ジュノー:ぷよ設置は慣れるとそんなに脅威ではない。重ね力は高いが火力難
    • エラ:魔力の渦ゴリ押しはチームプレイでないとなかなか決めれない
  • C
    • アトラス:足が遅い。状況によっては蘇生アビが死に技になる

キーパー

  • S+
    • ドゥブ:アビの先置きを徹底すれば一定の仕事が必ずできる
  • S
    • カイ:弾幕でコア、特殊アビで敵を迎撃、小回りも効く
  • A
    • エステル:遠距離から攻撃を重ねて早めに返せる
    • アシュル:アビが残っていればカタいが火力を持て余す
    • アトラス:ドゥブと違って反射神経が必要
  • B
    • ルナ:実質3人目のFWであり、キーパー適正は低いが前線への干渉能力が高い
    • エラ:概ねエステルの劣化版。FWで魔力の渦で押した方が明らかにマシ
    • ジュノー:マップによる。火力や耐久が無いので殴りマンに粘着されがち
  • C
    • その他全員:前でて殴りなさい

オマケ:トリビア

  • ルナはアトラスの妹
  • 海外有志の測定により、エステルの太ももはそのウェストより太い事が判明している。すごい。。。
ここはフッター