赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

ここは告知欄

新年の挨拶とポメラDM200の話

新年の挨拶

あけましておめでとうございます。最近あまりPoEやってないのですが、次のリーグくらいで復帰すると思います。
本年度もマイナーなSteamゲーの話とか、QiitaにもTwitterにもFacebookにも行き場のない記事を書いていこうと思います。

よろしくお願い申し上げます。

本題

ポメラ買ったんですよ。dm200っていうやつ。そのレビューをします。

この記事も、下書きはぽめらでかきました。

年末年始の間になろうデビューしようと思って、形から入ることにしました。
linuxベースの独自OSが乗っていて、辞書機能とテキスト編集機能だけが乗った電子メモ、というかワープロ的なもの。
実はGPD Pocket2とどっちかうか迷ってて、今も迷っているのだが、Pocket2のキー配置が絶望的に慣れず、あへあへタイポを量産したのでいったん見送った。
少なくともテキスト編集がしたい、という現状のニーズ的には、ポメラちゃんでいいだろう。

特徴

  • 稼働時間10時間以上
  • 起動が早い(電源押して2〜3秒で字が打てるようになる)
  • ポメラSync機能でPCと同期可能
  • ちょっとデカイ……

マウスどころかタッチパネルすらない男らしすぎる仕様なので、キーボードしか使えないCUI環境に慣れない人には取っつきづらいかもしれない。むしろワープロ寄りのUIと言えるので古参兵は復帰しやすそう。
キーボードはパンタグラフでよし。各キーの大きさも問題なし。日本語配列で俺によし。プレーンテキストを出先で編集するのには打ってつけのオモチャといえる。
あと一応、Bluetoothキーボードにもなる。妙にデカいうえになんか液晶ついてるので、わざわざタブレット用に購入する人はいないだろうけど。

大きさ比較

f:id:orzlabo:20190104040529j:plain

macとGPD-Win2と一緒に撮った。キーボードにかなりのスペースをとっているため、小型のテンキーレスキーボードほぼそのもので、それに液晶がくっついているような感想。思いのほかデカい。
ディスプレイは7インチだが横幅はたっぷり26cmもあり、ポケットに入るサイズ、とまでは行かなかった。ただ、キーピッチが極めて浅い(2mm未満)のとバッテリーが乾電池じゃなくなったため、厚みに関しては及第点といえる。キーボードの足がないので、傾斜をつけたい場合はなんか自力で頑張って欲しい。
Enterキーやtabキーなどをもう少し狭めていいので、あと少し短くしてほしかった。

感想とか

感想として、確かに便利だが家のPCがあるならそれでやれ、となる。
ポメラが真価を発揮するのは、そこそこの軽量さとプレーンテキストの編集に特化したことによる、出先での下書き作成、につきよう。
それこそ、なんか会議とかでざーっとメモを取って、あとでwikiに書くとか、そういうときの、まずザーッとメモ、の部分で活躍する。
僕みたいに長文ブログを書いたり、小説を書いたりするとき、ふと、気分転換に出かけたくなることもある。そんな時はポメラの出番だ。

マジでプレーンテキストしか編集できないので、あくまで下書き、にとどめるのが上手に付き合うコツ。Markdownのプレビューくらいしてくれという気もするが)表組もないので頑張ってAAで書いてくれ。
ぐーぐるもTwitterもできないので調べもの系もキツイが、いまどきスマホ持ってりゃ大体のことは調べられるし、辞書類は入ってるので単語とかなら調べられる。
なんも見れないので作業に集中できる、というふうにとれなくもない。

キー配置的にはほとんど問題はないが、EscとF1の間に半角全角があるのは個人的にマイナス。変換、無変換に半角全角をアサインするとかなりいい感じになる。
また、全てをキーボードでやる必要があるため、CUIに慣れていないひとでも、最低限ページ送り戻り、行頭行末ジャンプ、検索、辞書、定型文あたりは習得すべきだろう。
全然関係ない話だが、キーカスタマイズやマクロは多少設定できるが、vimぽくはできない。

同期回り

wifi経由で、指定したアドレスへのテキスト送信と、ポメラSync機能を利用したMacスマホとの双方向編集が可能。
Windowsは有志が作ったアプリを入れれば可能。(そこそこ便利だが詳細は割愛)

ポメラSyncについて

gmailの自分宛に、指定したラベルを付けてテキストを送信することで同期する。つまりgmailをストレージ代わりにする。
気持ちはわかる。わかるけどもまさかほんとにやる奴がいるとは思わなんだ。
とりあえずポメラが壊れてテキストが取り出せなくなると困るので、同期する方法があること自体は結構だが、微妙に使いづらい。

などの点が気になる。
windowsからはデフォではアップロードできないものの、gmailを開くと自分宛にすげー長いテキストが送信されているので、それをコピペすると利用はできる。
この記事の下書きも

ぽめら -> ポメラSyncでGmail -> Windowsgmail開いてコピペ -> 直す

の手順で作られている。windows上で手が加わったものをgmailに戻すのが以外とめんどいのだが、まあ今回の記事では必要ない、と割り切っている。

要望

  • enterとかtabとかもう少し削ってもいいからもう少しだけ小さくしてくれ
  • マークダウンプレビューしてくれ
  • Bluetoothキーボードになる機能いる?
  • git上でテキストいじりたい
    • 関係ない話だが、少しでもテキストに触る人間はgitを使えた方が良い
  • 値段
    • bluetooth切ったらもうちょい値段下がるんじゃないですかね……
    • wifiいらないみたいな意見も見るけど、個人的にSD抜き差しめんどいのでwifiは必要

結び

とはいえ、おススメである。ただちょっと高いので、すでにお気に入りのノパソやGPD-Pocketを持っているなら無理に買わなくてもいいだろう。僕は買った。

ここはフッター