赤いセガ信者のぶろぐ

qiitaにもtwitterにもfacebookにも書きにくい記事はここ。ほぼゲーム日記。

ここは告知欄

僕なりのジブラルタル完全ガイド1 概要と武器選び編

f:id:orzlabo:20190506003241j:plain
フィニッシュを決めて勝つぼく

ぼくなりのジブラルタル解説

一時期はクソ雑魚筆頭の名を欲しいがままにしてきたが、アプデによってそれなりに強化され、敵として出くわす機会も出てきた。(前はほぼゼロだった)

ぼくもアプデ後はかなり使い倒し、それなりに勝利できるようになってきたのでジブラルタルの記事を書こうと思います。

利点と欠点

利点

キャラが固い

10%ダメージ減というパッシブと耐久75のガンシールドによって、正面からのセットプレーでは無類の堅さを誇る。 ガンシールドは一度割れると10秒クールダウンが必要だが、シールドセルやバッテリーを使用すると直ちにクールダウンが完了する。 また、ガンシールドは弾そのものをかき消し、割れた際の貫通ダメージも発生しないためクレーバーの一撃も耐えうる。

スキルとウルトが強い

ドームシールドは使い方さえ間違わなければ、攻めの起点、回復や蘇生のフォローに大活躍する。ウルトもやや範囲こそ狭いものの漁夫りや最終収縮では最強のワンチャン性能を秘めている。

欠点

キャラが脆い

重要。ジブラルタルは固いが脆い。当たり判定のデカさはどうしようも無く、弾が当たりまくるので10%ダメージ減など関係なくすぐ溶ける。 ガンシールドの効かない横や後ろを取られたら大体SGかSMGもらって即死します。

デカくて邪魔

体がデカいのですぐ敵に見つかり真っ先に撃たれる。それだけならまだしも、前に出るとと味方の弾を吸ったり視界を遮ったりと大変なことになる。

ドームシールドがムズイ

接近戦で下手に使うと孤立したり味方の邪魔したり敵を利したりと大変なことになる。接近戦では基本封印が安定。

利点と欠点のまとめ

格闘戦では欠点ばかりが目立つため、基本的には遠距離で戦う後衛キャラ。ピースキーパー直撃したり腰だめで撃つような距離ではそもそも戦ってはならない。 味方の斜線を遮りがちで、格闘戦が頻発する屋内での戦いも極力避けなければならない。(ウルトも意味ないし
隠れて撃ってまた隠れる、が可能な距離なら相応に固い。基本は味方のフォローに回りつつ前にでるタイミングを図ろう。

もう一度書くが、基本的に後衛キャラであり、自分からグイグイ出ていく戦士タイプのキャラではない。格闘戦は本当に即死する。

能力解説

ガンシールド

ADSすると出てくる耐久75の盾。割れるその瞬間まで弾を通さない。ピースキーパーの直撃も全弾防ぎきる上に貫通ダメージもない。
割れても10秒で再チャージされるので、これで顔を出して割れるまでロングボウを叩き込むのが仕事。
再チャージの速さが生きるので中遠距離で最強の性能だが、初期状態でも耐久110 + 75、フル装備なら220 + 75という計算なのでタイマンならゴリ押しも可能。(計算上は……)

展開されるまでに間があるため、ADSをしながら(置きながら)出る癖をつけよう。

ドームシールド

シールド発生器を投げ、周囲を無敵のフィールドで覆う。ガスだろうが爆発だろうが炎だろうが通さない。
味方の弾も遮る、敵も味方も出入り自由、という特性上、敵に利用される接近戦での利用は厳禁。味方の援護射撃を遮るため中にいるほうが危険。
詳細は立ち回り解説記事を書くのでそちらに書くが、以下のことを注意して利用すると事故が少なくなった。

  • ̬優勢時は張る必要なし
  • 近距離では封印安定
  • 中に入ると動きが制限されるため、交戦中は中に入らない
    • 縁をうろうろして攻撃する
  • 動きが制限される状況で張る
    • 回復、蘇生時(共にほぼ動けない)
    • ウルト通過待ち
    • 死体箱やケアパケ漁り
    • どうしてもフィニッシュで倒したいとき

防衛爆撃

シグナルを投げ、着弾点を中心に爆撃を行う。一発40ダメが雨のように降ってくるのでかなりの脅威。
ジブラルタル必殺奥義にして存在価値の4割くらいであり、全てのジブラルタルプレイヤーはこれで敵を皆殺しにするために生きている(ハズ)
とにかく促進剤をモリモリ食べて力を付けつつ、最寄の銃声に向かってダッシュしよう。
範囲が微妙に狭く、止めが入る前に範囲外に逃げられることもある。追撃は怠らないように。単純にダメージを取る以外にも、退路を塞ぐ、屋根から降ろす、格闘戦で死に際に投げる、など用途は豊富。

f:id:orzlabo:20190506013630j:plain

ウルトが当たった敵は大体範囲外に逃げようとするため、数字の位置から退路を予測し回り込んで追撃するとカッコいい。
この図では敵は画面左か奥に逃げるはずなので、ここから狙えば皆殺しにできるはずである。

武器選び

メインはARかSRを持つ。SMGやSGの有効圏内で戦うと即殺間違いなしなので注意。ARやSRで一歩引いた位置から狙うこと。
AR + SMG構成なら前に出れなくもないが、ピースキーパーの音がする場合はやめたほうが良い。

また、SGを持つ場合はピースキーパーは避けること。コッキング時にガンシールドが解除されるため実質耐久がガタ落ちである。
嘘でした。存分にぶっ放してください。

f:id:orzlabo:20190506005035j:plain
室内戦のフォローはやはりEVA-8が安定

ドームシールドなどで敵を呼びやすいのでフォロー用にEVA-8かR-99かプラウラーを持つことになるが、必ず中遠距離戦を想定したメイン武器を持つこと。
ロングボウの強化は地味に追い風である。

オススメ武器

ロングボウ

強化されたことによりウィングマンの上位互換として君臨する神武器。ウィングマンと違って2-4や4-8もつくのが偉い。
遠くの敵に引っ掛けたときのリターンももちろんだが、いままでウィングマンやARで戦っていた距離でも普通に強く、正しくDMRになった。

トリプルテイク

ロングボウよりダメージが出ることもあるSR。チョークがないなら2-4が限界。近ければ何の問題もないが発射レートと装填数5発固定が痛い。
割とよく見かける上、遠くへ飛ばせるEVA-8と考えれば弱いわけではない。ARをフルバして69ダメが出せないならこれを2回撃ったほうが良いだろう。

EVA-8

近距離フォロー用。ADSして連発する。ロングボウを3回当ててそれでも倒せなかったとき、中距離でバラまいて死にぞこないの処理にも使う。

ヘムロック

ロングボウへのつなぎ。パーツのほとんどを使いまわせる。単発にしてカチカチすると中距離でテンポよく当てられる。単発18ダメ。

プラウラー

ロングボウと弾を共有でき、弾持ちもよい。セレクトファイアが準必須だが格闘戦のフォローなので5点70ダメも捨てがたい。

ここはフッター